スマートハウス=介護できる家。近づく新たな日常

スマートハウス=介護できる家。近づく新たな日常 Report
スポンサーリンク

生活が便利になりモノが溢れる世の中で、より快適な生活を実現するスマートハウスが注目されています。スマートハウスとは、実質的なエネルギーの消費量を抑制し、新しい利便性や快適性、安全性を備えた住宅を指します。例えば、AIやIoTを活用した在宅介護では、一元管理したデータから普段と違う体調を察知することで、病状の悪化を防ぎ高齢者を守るのです。
スマートハウスはエネルギーの消費を抑え、人々の安全や暮らしやすさを追求しているのです。

スポンサーリンク

スマートハウスは家庭のインテリジェント化

スマートハウスの目的は、エネルギー問題に対するZEH化と、暮らしの安全や安心、快適を進める家庭のインテリジェント化です。国はもちろん、幅広い分野の企業が環境問題や介護・医療に向けた家づくりを進めています。
家全体のエネルギーは、HEMSによって家電製品や創エネ機器、蓄電池などをネットワーク化し、効率的な管理を行っています。HEMSは将来的に家庭でつくられた電気を、社会全体で効率活用するVVPの司令塔として、社会と家庭をつなぐと期待されているのです。
単体の家電製品は、IoTで連携しクラウドから情報を取得することで、AIが自立運転でコントロールするなどの新たな付加価値を生み出します。
また、防火・防災・防犯などのホームセキュリティや、ホームヘルスケアも整備され、機器のメンテナンスにおいても、遠隔での診断や保守が可能になります。

このように、新しい技術を活用した暮らしは、私たちの生活を改善し、快適な毎日を実現する手助けになっているのです。

AIやIoTを活用した在宅介護サービスに期待

超高齢化社会では、慢性的な人材不足や施設不足のほか、充実した介護サービスが提供できない可能性が指摘されています。AIやIoTを活用した技術は、ホームセキュリティなどの家を対象としたもの以外に、ライフケアやヘルスケアも急速に広がっています。
例えば、家や人の安全はウェアラブルデバイスを用いて、24時間見守ることが可能です。搭載されるセンサーを通じて、脈拍・加速度・温度・湿度位置情報など、対象者や周囲の状態を取得・測定することができます。Wi-FiやBluetoothなどを使い、スマートフォン経由で通知されるので、遠方で見守る家族も安心です。

AIカメラは高齢者の転倒や不在時の確認、食事のカロリー解析や指導などが可能で、在宅介護をバックアップできる効果があります。管理された情報は、介護施設や医療機関と共有することで、異変があれば遠隔診療や介護士・看護師、救急車の手配を迅速に行えます。
また、家庭用ロボットはAI・IoTを活用することで、食事や掃除、入浴や排せつなど、様々な状況でクオリティの高いサポートを提供することが可能です。

このように、AIやIoTを活用し様々な技術を用いることで、在宅介護サービスでの活躍が期待されています。

合同会社AIKIシステム