介護者支援

介護者を対象としたサポート、サービス、提供企業などの関連記事

介護・福祉

ケアラーの一助に-介護する家族のためのオンラインサービス『介護の架け橋』

国内の介護領域の社会課題解決に取り組む一般社団法人りぷいすは、介護をする家族(ケアラー)の相談や介護学習等コンテンツを提供するオンラインサービス『介護の架け橋 〜介護の準備と相談室〜』をスタートします。ケアラーの不安解消、介護うつや介護離職の予防につながる新たなサービスとして展開されます。
介護・福祉

日本の介護の力を拡張・強化へ、KAiGO PRiDEが法人化

KAiGO PRiDEは、厚生労働省が主導する「介護施設等における生産性向上に資するパイロット事業」の一環として、2019年に熊本県からスタートした「介護の魅力発信」活動プロジェクト。ミッションとする介護の魅力発信の推進に向け「一般社団法人KAiGO PRiDE」が設立されました。
ICT・テクノロジー

介護レクのデータをロボット開発に活かす―「TANO」が新事業

TANOTECH(神奈川県平塚市)が介護現場の業務負担軽減を目的に開発した「非装着・非接触型の自立支援ツールTANO」を活用し、厚生労働省が推進する「介護ロボットの開発・実証・普及のプラットフォーム構築事業」における実証事業を開始。その新たな取り組みに注目します。
製品・サービス

介護レク用自立支援ツールがバージョンアップ、職員負担も軽減

モーションセンサーを利用したゲーム性ある豊富なコンテンツで介護レクリエーションやリハビリテーションを支援する非装着・非接触型の自立支援ツール「TANO」(TANOTECH開発)に、機能強化された2021年度版が6月リリースされます。強化ポイントを中心に、活用メリットを紹介します。
介護・福祉

介護3.0提唱者の介護クリエイターが介護で地域創生

「目の前のお年寄りを輝かせて、自分も輝く」をビジョンに掲げる、本質的な介護理論「介護3.0」の提唱者の横木淳平氏が、介護で地域創生する新会社を創業。「人間のライフスタイルを介護から問い直す、介護のパラダイムシフトを興すべくチャレンジを続けていく」と意気込む事業の概要を紹介します。
介護・福祉

高齢者の自立・介護度改善へ「自立支援」委員会2021が活動開始

「自立支援」委員会は、高齢者のQOL(暮らしの質)の向上を目的に、有料老人ホームや高齢者住宅の運営など手掛けるタムラプランニング&オペレーティング(東京都千代田区)が、高齢者・介護業界に関連した企業と連携して設立したもの。4月から活動開始した委員会の概要を紹介します。
ICT・テクノロジー

いま介護現場で本当に必要なテクノロジーとは

「ロボットは道具として使うもの。現場の人が介護支援、自立支援に“してほしい”と思うものであることが重要です」。産業医科大・泉博之准教授は、介護現場で必要とされるテクノロジーの意味をそう語ります。介護現場から見た本当に必要なテクノロジーとは?「CareTex福岡」での専門セミナーから要約して紹介します。
介護・福祉

「#ケアワーカーをケアしよう」プロジェクト開始

新型コロナウイルスの感染対策を徹底し、高齢者や障害者の暮らしを支えるケアワーカー自身を支援する「#ケアワーカーをケアしよう」プロジェクトが開始されました。感染拡大から約1年経ち、「介護・福祉の仕事は好きだけど、さすがに疲れてきた」という介護・福祉の現場の声に手を差しのべようとする活動です。
介護・福祉

高齢者の自立支援介護「ジジババプロジェクト」始動

“日本中の高齢者を元気にする”として、介護事業を展開するポラリス(兵庫県宝塚市)が「ジジババプロジェクト」と名付けた自立支援特化型のプロジェクトを開始しました。かねてから展開する自立支援に特化した介護とは?ジジババプロジェクトとは?その動向を紹介します。
製品・サービス

入居者ごとに異常を検知。センシング×AIの介護支援

AI学習で個人に合わせた異常行動の検知を実現する介護業務支援システムを凸版印刷とインフィックが開発、提供が開始されました。日ごろの行動データから学習したAIが異常を検知することで介護従事者の業務負荷を軽減するものです。システムの概要を紹介します。
介護・福祉

「カイポケ」のエス・エム・エスと青森銀行が介護事業サポートへ

介護事業者の経営支援を目的に、ICTサービス「カイポケ」を運営するエス・エム・エスと青森銀行が業務提携し、地域の介護事業者に対して経営安定や質の高い介護サービス提供に貢献し、地方の活性化にも繋げていこうと相互連携を開始します。事業所の倒産件数が増えるなか、環境改善への期待が持たれます。
製品・サービス

「Epignoナース」でエンゲージメント・モチベーション測定機能

看護師向けマネージメントソリューション「Epignoナース」を提供するエピグノ(東京都港区)が、新たに医療・介護業界特化型エンゲージメント・モチベーション測定機能をリリース。医療・介護従事者の離職防止、定着率向上に役立つとしています。
介護・福祉

認知機能の課題を“抹茶”で解決!伊藤園が研究プロジェクト始動

「抹茶」を通じて認知機能に関する課題解決に挑む「ITO EN MATCHA PROJECT」を伊藤園(東京都渋谷区)が始動しました。日本初となる“認知機能の精度を高める”機能性表示食品の製品開発など多角的な活動を目指します。プロジェクトの概要を紹介します。
製品・サービス

介護現場の巡回業務を支援する映像型の無線ナースコール

業界初の「映像型活動検知アルゴリズム」で入居者の活動状態が判定できる無線ナースコール「ココヘルパVP」がジーコム(東京都大田区)から発売。無線ナースコールで入居者の活動量の把握ができ、低コストで夜間業務の負担軽減が可能になります。
製品・サービス

ただ話しかけるだけで文字になる、進化したAIボイス筆談機 

耳が聴こえづらい人との会話用に、通訳機の技術から生まれたAIボイス筆談機「ポケトークmimi」が好評のソースネクスト(東京都港区)からその姉妹品となる「タブレットmimi」が登場。ボタンタッチをなくし、話しかけるだけで瞬時に文字として表示する機能を装備しています。関連するアンケート結果とあわせ紹介します。
タイトルとURLをコピーしました