介護者支援

介護者を対象としたサポート、サービス、提供企業などの関連記事

News

高齢者の自立支援介護「ジジババプロジェクト」始動

“日本中の高齢者を元気にする”として、介護事業を展開するポラリス(兵庫県宝塚市)が「ジジババプロジェクト」と名付けた自立支援特化型のプロジェクトを開始しました。かねてから展開する自立支援に特化した介護とは?ジジババプロジェクトとは?その動向を紹介します。
News

入居者ごとに異常を検知。センシング×AIの介護支援

AI学習で個人に合わせた異常行動の検知を実現する介護業務支援システムを凸版印刷とインフィックが開発、提供が開始されました。日ごろの行動データから学習したAIが異常を検知することで介護従事者の業務負荷を軽減するものです。システムの概要を紹介します。
News

「カイポケ」のエス・エム・エスと青森銀行が介護事業サポートへ

介護事業者の経営支援を目的に、ICTサービス「カイポケ」を運営するエス・エム・エスと青森銀行が業務提携し、地域の介護事業者に対して経営安定や質の高い介護サービス提供に貢献し、地方の活性化にも繋げていこうと相互連携を開始します。事業所の倒産件数が増えるなか、環境改善への期待が持たれます。
News

「Epignoナース」でエンゲージメント・モチベーション測定機能

看護師向けマネージメントソリューション「Epignoナース」を提供するエピグノ(東京都港区)が、新たに医療・介護業界特化型エンゲージメント・モチベーション測定機能をリリース。医療・介護従事者の離職防止、定着率向上に役立つとしています。
News

認知機能の課題を“抹茶”で解決!伊藤園が研究プロジェクト始動

「抹茶」を通じて認知機能に関する課題解決に挑む「ITO EN MATCHA PROJECT」を伊藤園(東京都渋谷区)が始動しました。日本初となる“認知機能の精度を高める”機能性表示食品の製品開発など多角的な活動を目指します。プロジェクトの概要を紹介します。
News

介護現場の巡回業務を支援する映像型の無線ナースコール

業界初の「映像型活動検知アルゴリズム」で入居者の活動状態が判定できる無線ナースコール「ココヘルパVP」がジーコム(東京都大田区)から発売。無線ナースコールで入居者の活動量の把握ができ、低コストで夜間業務の負担軽減が可能になります。
News

ただ話しかけるだけで文字になる、進化したAIボイス筆談機 

耳が聴こえづらい人との会話用に、通訳機の技術から生まれたAIボイス筆談機「ポケトークmimi」が好評のソースネクスト(東京都港区)からその姉妹品となる「タブレットmimi」が登場。ボタンタッチをなくし、話しかけるだけで瞬時に文字として表示する機能を装備しています。関連するアンケート結果とあわせ紹介します。
News

九工大発スタートアップが訪問介護所向け移動集計システム開発

九州工業大学発スタートアップ企業・AUTOCAREが、訪問介護事業所が清算に時間を擁している移動費の集計業務があっさり完了するシステム「移動距離らくらく集計システム」開発、大手訪問介護事業者で試験導入し検証が開始されます。
News

クラファンで200万円超の支援を集めたビジネスゲーム『けあとの遭遇』

超高齢社会のなか、誰もが避けて通れない介護問題に、ゲームで向き合い体験してもらおうとするプロジェクトが、支援を求めたクラウドファンディングで目標額とした200万円を超える支援を集め話題となっています。その概要を紹介します。
News

介護分野のスキルシェアにポストプライシングを初導入

医療・介護・福祉領域に特化したスキルシェアサービスに、ポストプライシング型決済サービスが初めて採用されます。ポストプライシングは完了後に依頼側が価格を決める“あと値決め”サービスのこと。こうしたスキルシェア領域での採用自体が初めてであり、今後の働き方への影響に注目が高まります。
Report

(仮説)さらば東京法 ~一極から多極分散の地域活性化で介護はどう変わる!?

読売テレビ(大阪市)「そこまで言って委員会NP」の10月18日放送で『菅内閣発足1か月!「そこまでシャドウキャビネット2」またもや所信表明SP!』が放送されました。そのなかで将来的な介護環境に向けた政策案もあり識者による議論が展開されました。
Report

最新事例に見るSDGsとして取り組む介護サービスとは!?

持続可能な開発目標として浸透してきたSDGs。ここへきて耳目にする機会が増えている感があります。介護分野でも具体的なユースケースやサービスが見られるようになりました。最新の事例を取り上げつつ、介護分野におけるSDGsの現在地を示します。
News

LINEボットと10秒会話の健康管理で介護士のコロナ対策を可能に

都心を中心に高齢者デイサービス、放課後等デイサービスを展開するCLOVER(東京都新宿区)が、LINEボットを活用した対新型コロナウイルス健康管理サービス「あまびこ」の本格運用を開始。10秒会話による健康管理レポートのデジタル化で、介護士の負担軽減と新型コロナウイルスの感染対策を両立するとしています。
Report

経産省がJIS制定。馬乗りできる電動車椅子に高まる期待

9月23日に経済産業省が馬乗り形の電動車椅子に対するJIS規格の安全要求事項として制定し公示しました。移乗・移動が容易となる利点があることは明確で、普及途上ということから製品仕様に対し安全要求事項が制定されたものです。ここでは制定内容と対象となった馬乗り形電動車いすの概要を取り上げます。
News

福工大が高齢者をコロナ「巣ごもり」から護る介護予防情報を発信

新型コロナウイルス感染症の影響で「巣ごもり」状態に陥っている高齢者の方々に向け、福岡工業大学と篠栗町が中心となり、ご自宅での健康づくりに関するホームページやチラシを用い行動変容の促進につなげる情報発信「篠栗元気もん情報」がスタートされました。