News

介護・福祉

ケアラーの一助に-介護する家族のためのオンラインサービス『介護の架け橋』

国内の介護領域の社会課題解決に取り組む一般社団法人りぷいすは、介護をする家族(ケアラー)の相談や介護学習等コンテンツを提供するオンラインサービス『介護の架け橋 〜介護の準備と相談室〜』をスタートします。ケアラーの不安解消、介護うつや介護離職の予防につながる新たなサービスとして展開されます。
介護・福祉

日本の介護の力を拡張・強化へ、KAiGO PRiDEが法人化

KAiGO PRiDEは、厚生労働省が主導する「介護施設等における生産性向上に資するパイロット事業」の一環として、2019年に熊本県からスタートした「介護の魅力発信」活動プロジェクト。ミッションとする介護の魅力発信の推進に向け「一般社団法人KAiGO PRiDE」が設立されました。
介護・福祉

日本に住む外国人の仕事探しをフルサポートするマッチングサイト

コロナ禍で就職先が見つからない、帰国できない日本在住の外国人の仕事探しを完全無料でサポートするポータルサイト「Jump Japan+」がオープンです。求人企業とのマッチングに加え、日本語学習もサポートし、コロナ禍で就職に困っている多くの外国人材に雇用の道をつくります。
ICT・テクノロジー

国立大発ベンチャーAUTOCAREが「LIFEの活用を前提としたDXコンサルティング」

厚生労働省が運用する科学的介護情報システム「LIFE」への対応、さらには介護DX(デジタルトランスフォーメーション)としてビジネス変革につなげるためのプラットフォーム化と、介 護サービス事業者にICT環境の整備が求められるなか、国立大発ベンチャーAUTOCAREがサポートサービスを開始しました。
介護・福祉

スマート医療推進へ、ヘルスケア&ケーブルTVがコンソーシアム

医療関連事業者とケーブルテレビ事業者など13法人が、地域住民が自宅で簡単に診療・服薬指導を受けられるスマート医療実現に「地域スマート医療コンソーシアム」を設立。人材育成やサービスのノウハウ共有、DX推進への取り組みなど活動を展開するとしています。コンソーシアムの概要を紹介します。
製品・サービス

未来型音声・映像プラットフォームが見守りシステムと連携

すでに350社の現場でコミュニケーションを効率化しているアプリ「Buddycom(バディコム)」が、マクニカ提供の見守りサービス「AttentiveConnect」と連携。チームコミュニケーションでセンサーからの通知を見逃さず、浮上した現場課題を解消し、見守り業務の効率が向上されます。
製品・サービス

姿勢・歩行AI分析アプリが高齢者も処方可能に

筑波大学発ベンチャーとしてアプリや動作解析システムの開発が好評のSportip(東京都港区)。AIを活用した指導者・施術者向けアシスタントアプリ「Sportip Pro」に高齢者向け機能を追加し、姿勢の適切な診断とリハビリに効果的な運動が処方されるようになりました。
ICT・テクノロジー

介護レクのデータをロボット開発に活かす―「TANO」が新事業

TANOTECH(神奈川県平塚市)が介護現場の業務負担軽減を目的に開発した「非装着・非接触型の自立支援ツールTANO」を活用し、厚生労働省が推進する「介護ロボットの開発・実証・普及のプラットフォーム構築事業」における実証事業を開始。その新たな取り組みに注目します。
製品・サービス

デイサービス計画書作成ソフト「はやまる」が介護報酬改定と「LIFE」に完全対応

ヘルスケア事業やクラウドプラットフォームを提供するベストリハ(東京都台東区)のデイサービス向け計画書作成ソフト「はやまる」が、介護報酬改定後の新様式と、科学的介護情報システム「LIFE」に完全対応したリニューアルの提供を開始。そのポイントを取り上げます。
製品・サービス

地域医療と介護事業者のマッチングサービスが全国展開へ

ビジネス現場のコミュニケーションツール「LINE WORKS」を基に開発された、地域医療と介護事業者のマッチングプラットフォーム「FiNE-LINK PLUS」が提供エリアを兵庫県神戸市から全国へサービスエリアが拡大されます。地域での介護サービスの充実に期待がかかるサービスに注目します。
ICT・テクノロジー

アーム付配膳ロボットが本格始動へ前進

介護施設等で配膳・下膳を全自動・非対面で行い、オペレーション改善および売上・利益貢献を目指して、スマイルロボティクス(東京都文京区)が開発を続けるロボットがレストランで試験運用を実施。本格的な実用化に向け大きく前進しました。その様子を紹介します。
製品・サービス

介護レク用自立支援ツールがバージョンアップ、職員負担も軽減

モーションセンサーを利用したゲーム性ある豊富なコンテンツで介護レクリエーションやリハビリテーションを支援する非装着・非接触型の自立支援ツール「TANO」(TANOTECH開発)に、機能強化された2021年度版が6月リリースされます。強化ポイントを中心に、活用メリットを紹介します。
製品・サービス

AIが分析、トレーニングロボットによる歩行支援サービス開始

身体機能の低下や転倒の経験などから歩くことに不安を感じ始めた高齢者に対し、安全で効果的な歩行運動を支援する歩行トレーニングロボットをパナソニックが提供を開始。AIが歩行を分析し一人ひとりに合わせた歩行運動を提供するという、最新のテクノロジーが駆使された新たな歩行支援サービスのメリットを取り上げます。
ICT・テクノロジー

救命・健康サポートアプリ「MySOS」の安心な社会モデル構想

医療・福祉分野のモバイルICTソリューションを提供するアルムが、開発した救命・健康サポートアプリ「MySOS」を活用した社会事業モデル発表。遠隔での健康管理・モニタリング、災害時の安否確認や高齢者の見守り、各種カウンセリングサービスなどに活用し、より安心して暮らせる社会を構築することを目指すとしています。
介護・福祉

高齢者の自立・介護度改善へ「自立支援」委員会2021が活動開始

「自立支援」委員会は、高齢者のQOL(暮らしの質)の向上を目的に、有料老人ホームや高齢者住宅の運営など手掛けるタムラプランニング&オペレーティング(東京都千代田区)が、高齢者・介護業界に関連した企業と連携して設立したもの。4月から活動開始した委員会の概要を紹介します。
タイトルとURLをコピーしました