最新事例に見るSDGsとして取り組む介護サービスとは!?

最新事例に見るSDGsとして取り組む介護サービスとは!? Report
スポンサーリンク

持続可能な開発目標として浸透してきたSDGs。ここへきて耳目にする機会が増えている感があります。介護分野でも具体的なユースケースやサービスが見られるようになりました。最新の事例を取り上げつつ、介護分野におけるSDGsの現在地を示します。
  

スポンサーリンク

SDGsとは…2030年までに達成を目指す17のゴール

多くの方が、以下のアイコンを目にしたことがあるでしょう。

このSDGs(Sustainable Development Goals)は、持続可能でより良い世界を目指す国際的な目標として2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に掲載されたもので、2030年までに目標には17のゴールに169のターゲットで構成され、上の図はそのテーマを示したアイコンとうわけです。
  
17のゴールは、貧困や飢餓、教育など社会面、エネルギーや資源の有効活用、働き方改善、不平等解消など経済面、地球環境や気候変動など地球規模で取り組むべき環境面と、世界が直面する課題が網羅され、総合的に解決しながら持続可能な未来の構築を目標としています。

SDGsには前身となるMDGs(Millennium Development Goals:ミレニアム開発目標)という、2001年に採択された開発途上国向けの目標がありました。8ゴール・21ターゲットで構成されていたもの。そこから、各国政府による取組みだけでは達成が困難ということで、企業や地方自治体、アカデミア、市民に至るまで行動が求められている構成に拡大したものがSDGsです。

2030年までの行動の10年に

SDGsは採択された2015年から始められていますが、その進捗の足並みは決して揃っているとは言えないようです。
2019年9月に開催された「SDGサミット」で、グテーレス国連事務総長は、「取組は進展したが、達成状況には偏りや遅れがあり、あるべき姿からはほど遠く、今、取組を拡大・加速しなければならない。2030年までをSDGs達成に向けた『行動の10年』とする必要がある」とSDGsの進捗に危機感を表明しています。
  
このSDGsサミットは、達成に向けた機運を高めることを目的に、首脳レベルでSDGsについて過去4年間の取組みのフォローアップを行ったもの。それを受け、国内でも内閣総理大臣を本部長とするSDGs推進本部が2019年12月、行動の10年の始まりとして「SDGsアクションプラン2020」をまとめて、目標達成に向けた推進策を示しています。

「SDGsアクションプラン2020」ポイント
  • 日本は豊かで活力のある「誰一人取り残さない」社会を実現するため、一人ひとりの保護と能力強化に焦点を当てた「人間の安全保障」の理念に基づき、世界の「国づくり」と「人づくり」に貢献。SDGsの力強い担い手たる日本の姿を国際社会に示す。
  • 改定されたSDGs実施指針の下、今後の10年を2030年の目標達成に向けた「行動の10年」とすべく、2020年に実施する政府の具体的な取組を盛り込んだ。
  • 国内実施・国際協力の両面において、次の3本柱を中核とする「日本のSDGsモデル」の展開を加速化していく。
   (1)ビジネスとイノベーション ~SDGsと連動する「Society 5.0」の推進~
   (2)SDGsを原動力とした地方創生、強靱かつ環境に優しい魅力的なまちづくり
   (3)SDGsの担い手としての次世代・女性のエンパワーメント

【外務省×SDGs】「行動の10年」できることから始めよう!

SDGs推進に向け政府が取組む「ジャパンSDGsアワード」

国内でのSDGs推進に向け、政府は2017年から「ジャパンSDGsアワード」を実施しています。
積極的に取り組む企業や団体などからの公募制で、優れた取組みを行う企業・団体等を表彰するもの。最も優れた1案件を総理大臣によるSDGs推進本部長賞、ほか4案件ほどを官房長官・外務大臣による副本部長賞として選定、それ以外に特筆すべき功績が認められた案件には特別賞が表彰されます。
  
3回目となった2019年のジャパンSDGsアワードには最多の応募数となる378件が集まり、特別賞を含む11の企業・団体が表彰されました。

SDGs推進に向け政府が取組む「ジャパンSDGsアワード」
2019年ジャパンSDGsアワード表彰式の模様(首相官邸ホームページより)

参照:https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201912/20sdgs_award.html
  

介護事業者が目指すSDGs

介護分野に目を向けると、多くのゴールが考えられてきます。ある介護事業者をモデルケースに、その取組みは以下のようなアプローチが中心となっているようです。

akizouさんによる写真ACからの写真

  
  
希望する介護サービスが利用できる環境へ
健康が維持でき、安心して暮らせる社会の創造

地域で高齢者を支えながら、必要な介護サービスをチームケアで手厚い支援を
Goal3「すべての人に健康と福祉を」 Goal10「人や国の不平等をなくそう」

女性の能力発揮のための基盤づくり、リーダーシップ向上へ
ライフ・ワーク・バランスをさらに進化させた環境づくりに
Goal4「質の高い教育をみんなに」 Goal5「ジェンダー平等を実現しよう」 Goal8「働きがいも経済成長も」