AI(人工知能)

AI(人工知能)

AI、ディープラーニングなど人工知能技術を用いた製品、サービス、技術動向など関連情報を紹介します。

News

海外の介護とAI研究が知れるエレクトロニクス企業のeBook

半導体・電子部品のネット販売商社マウザー・エレクトロニクスが発行するeBook「インテリジェンス革命」シリーズ最新号では、機械学習が転倒防止に活用できる事例を高齢者介護スタッフが紹介するなど、公衆安全に人工知能(AI)を活用する各分野での様々な取り組みが紹介されています。
News

ただ話しかけるだけで文字になる、進化したAIボイス筆談機 

耳が聴こえづらい人との会話用に、通訳機の技術から生まれたAIボイス筆談機「ポケトークmimi」が好評のソースネクスト(東京都港区)からその姉妹品となる「タブレットmimi」が登場。ボタンタッチをなくし、話しかけるだけで瞬時に文字として表示する機能を装備しています。関連するアンケート結果とあわせ紹介します。
News

認知症症状の予測AI研究に進展

各個人の認知症症状の将来予測を行うAIの研究・開発を続けるフューチャーが、ヘルスケアアプリを展開する日本テクトシステムズと‪業務提携を発表しました。認知症やAIに関する両社の深い知見の組み合わせで、予測AI研究が大きく進展するものと思われます。
Report

動き始めた東京都大学提案プロジェクト

提案制度の概要と、AI・IoTを駆使した認知症BPSD症状の事前予測へのチャレンジ 東京都は2019年、「大学研究者による事業提案制度」として、都内大学研究者を対象に研究成果・研究課題等を踏まえた事業提案を募集しました。都に集積されている「知」を、都政の喫緊の課題解決や東京の未来の創出に資する政策立案へと活用を目指したものです。
News

要介護予防へ、AIと電力データによるフレイル検知の実証実験が進む

ネコリコ、日本データサイエンス研究所、東京大学大学院情報学環 越塚登研究室が共同で行う、AIと電力データを用いたフレイル検知に関する実証実験。三重県、東員町で2020年中の実施に向けて進めていくもの。治療や予防措置で要介護状態への進行を防止できる可能性があり、注目が集まります。