調査

調査

シニア向け賃貸住宅「へーベルVillage」の相談員サポートに健康効果

旭化成ホームズ(東京都千代田区)シニア事業推進部とシニアライフ研究所は、運営する自立~フレイル期シニア向け賃貸住宅「へーベルVillage(ヴィレッジ)」の入居者を対象にした「安心・安全・健康長寿応援メソッド」に対する追跡調査を実施、その結果を公表しました。
調査

フレイルリスクの高いシニアに共通する原因を探る―ソフトバンクが調査

日々の健康や地域との繋がりをスマホからサポートする“ワイモバイル”の取り組み「健康にスマ歩!」を開始したソフトバンクが、1000人の60歳以上シニアに健康意識を徹底調査。
調査

5000人に聞いた介護の実際―「ケアスル 介護」が動向調査

介護施設を探す人と介護施設のマッチングプラットフォーム「ケアスル 介護」(運営:株式会社Speee)が37歳以上の男女5,000名に近年の介護市場の動向に関する調査を実施、結果を公表しました。
調査

40歳以上の53.4%が「フレイル」「プレフレイル」に該当―新田ゼラチン調査

40歳代以上を対象に「プレフレイル実態調査」を実施した新田ゼラチンが調査結果を公表。40歳以上の約1割が「フレイル」の基準に該当するなど判明した実態を考察し、フレイル予防への習慣化について言及しています。
調査

介護関連事業経営者の76.7%が「ペーパーレス化」の重要性を実感

電子契約サービスを提供するペーパーロジック(東京都港区)が介護関連事業の経営層を対象にペーパーレスに関する実態調査を実施、ペーパーレス化を望むも約8割が未対応であること、山積する課題などが判明しました。
調査

シニア世代の約60%が「フレイル」理解不足―食意識アンケートで判明

2月1日「フレイルの日」に合わせ公表された50歳代以上の男女を対象とした調査結果で、「言葉すら知らない」人を含めフレイルに対する認知度が低いことがわかりました。食生活の課題とともに現状を考察します。
調査

介護・福祉業界を検討する就活学生は10.5%―23〜26卒イメージ調査

新卒採用支援をおこなうインタツアーが23〜26卒学生を対象に実施した『業界別イメージ調査 介護・福祉業界編』の調査結果を公表。「やりがい」を感じるとする反面、就労環境にマイナスイメージを抱いていることなどがわかりました。
調査

高齢層もデジタルツールで健康管理-ヘルスケア企業が調査

60~70歳代の高齢層でも、計測・記録におけるスマートフォンのアプリやウェアラブルウォッチ(活動量計)などのデジタルデバイスの活用が広がりつつあることが、インテージヘルスケア(東京都千代田区)が実施した健康意識調査でわかりました。
調査

デジタル化が介護職員の働きがい向上に-広島発DXプロジェクトが中間報告

働き方改革実現ネットワーク広島と医療法人社団明和会が連携し、ICT見守りシステム活用による介護職員の働きがい向上を科学的に実証する広島発の研究プロジェクトが“大きな改善につながる兆し”があることを中間レポートで公表しました。
調査

適切な栄養が高齢者のQOL向上の可能性示唆―ソラストが公表

科学的介護の実現に向けた「高齢者の栄養改善効果の研究」を実施しているソラスト(本社:東京都港区)が中間報告を公表。適切な栄養サポートが高齢者の健康維持とQOL(生活の質)の向上に寄与する可能性を示唆しました。
調査

「認知症による資産凍結」問題と「家族信託」に関する意識調査を公開

約半数の高齢者が認知症の「資産凍結」リスクを理解―その解決策となる「家族信託」サービスを展開するトリニティ・テクノロジー(東京都港)が金融資産を保有する65歳以上の高齢者男女を対象に資産凍結に関する調査を実施、気になる結果を公表しました。
調査

介護職に就く前に採用サイトを見て不安解消。サイトの重要度が増す

採用支援サービス「トルー」を提供するダトラ(大阪市中央区)が介護施設従事者の仕事選びに関する実態調査を行い、働く前に就職する施設の採用サイトを確認して不安解消につ挙げるなど、重要性の高まりが感じられる結果になっています。
調査

次世代医療とリハビリロボット普及の現状-GHCが調査

医療分野の経営コンサルティングファームであるグローバルヘルスコンサルティング・ジャパン(GHC、東京都新宿区)が、退院後の「生活の質(Quality of Life)」向上が期待される次世代医療「リハビリロボット」の利用実態を調査、利用率は全国で8%と1割に満たない状況などが判明しました。
調査

認知症グループホームでの体温リズム分析プロジェクトが実証実験

IoTソリューションを提供するAgx(東京都港区)など4者は、体表温センサーや温湿度センサーから収集したデータから人の体温リズムを分析し、心身状況の把握や介護負担の軽減などを目的とした実証実験を行いました。
調査

「高齢者の間食は介護予防に重要」との可能性-ロッテが学会発表

ロッテが高齢者における間食習慣と要介護リスクについての研究を実施した結果、間食は介護予防の観点から重要な要素である可能性が示唆されたことを発表しました。
タイトルとURLをコピーしました