接客はロボットで。非対面受付を可能にするロボットサービス

接客はロボットで。非対面受付を可能にするロボットサービス News
スポンサーリンク

介護現場でも活躍、分身ロボットとして認知が拡大している「OriHime(オリヒメ)」が受付を代行する「受付OriHime」の提供が開始されました。新型コロナウイルス感染症対策として“非接触”が重要視されるなか、新しいコミュニケーションとして注目されます。
  
  

スポンサーリンク

活躍の場を広げるOriHime

コミュニケーションロボットを探すと、必ず行き当たるロボットのひとつ「OriHime」。オリィ研究所が遠隔操作でありながら「その場にいる」感覚を共有できる分身ロボットとして開発したもので、育児や介護、身体障害などで会社に身体を運ぶことが困難な方のテレワークや病気で学校に通えない児童・学生の遠隔教育ツールとして全国で愛用されているロボットです。
  
コロナ禍にあっては企業もテレワークを積極的に推進していますが、PCやタブレット、スマートフォンで手軽に操作できることから企業の導入も加速し、現時点で約80社におよそ500台が活躍しているそうで、テレワークのみならず会議での利用や本社支社を結ぶコミュニケーションツール、多忙な社長のためのコミュニケーションツールとしても使われているといいます。
  
以下のような実験的な試みも実施して好評を得ています。

分身ロボットの遠隔操作プロジェクト、寝たきりでカフェ接客を目指す
病気で思うように動けなくなった元バリスタの願いを叶えようと、おいしいコーヒーを淹れるなど手先を使った作業が可能な分身ロボットを開発するプロジェクト「テレバリスタプロジェクト」が始まりました。

接客スキルはそのままに、しっかりと“おもてなし”

オリィ研究所が今回開始したサービスは、OriHimeが会社での受付・接客に対応する受付ソリューション。実際に対応スキルを備える受付スタッフが遠隔操作するため、しっかり“おもてなし”感のある受付・接客が可能です。
  
遠隔でありながら、直接、人が接客しているような存在感のあるコミュニケーションができる。優れた応対スキルを持つ受付スタッフによる、お客様へのホスピタリティ溢れる受付・接客が、安全を確保しながら可能となる。
タブレット端末との連動で来訪者側の操作も容易で、必要な案内など画面で表示させることでスムーズな接客が可能となります。
  
受付OriHime https://orihime.orylab.com/avatar-recept/
  

接客はロボットで。非対面受付を可能にするロボットサービス

応用が広がる分身ロボット「OriHime」、介護福祉の現場でもますます活躍が期待されます。

 

「受付OriHime」特徴
接客はロボットで。非対面受付を可能にするロボットサービス
①席や自宅から遠隔で簡単操作でスムーズに導入可能
②お客様の顔を見ながら、その場にいるような応対が可能
③1人で複数のOriHimeに接続できるため、受付が複数ある企業でも対応可能
④OriHimeを通しての接客ならではの話題性や、来客とのコミュニケーションが生まれることが期待できる
⑤OriHimeの操作により、身振り手振りでのコミュニケーションや操作者自身で周囲を見回すことが可能。
⑥一台のOriHimeに複数の方が入れ替わり対応することが可能
⑦お見せしたい資料や情報を、操作者側から受付表示用タブレット端末に表示可能