Withコロナ時代の介護環境へ、家族といつでも面会OKに

Withコロナ時代の介護環境へ、家族といつでも面会OKに News
スポンサーリンク

新型コロナウイルス感染拡大で介護業界に新たな問題となっているのが、介護施設に入居している利用者と家族との面会。特に家族からは入居者の状況がわからないと不安の声が相次いでいます。その問題の解決策となりそうなサービスが提供されることになりました。
  

スポンサーリンク

映像を介していつでも面会が可能。関係者全員のデータ共有もスムーズに

面会ができない寂しさ、状況が把握できない不安など、新型コロナウイルスは介護施設を利用する家族に大きな影を落としています。また同時に、顔を突き合わせて行っていた会議もままならないことで、介護事業者でも職員同士の情報共有がこれまで通りとはいかず、電話やFAXを使っても記録の漏れや不備が発生するリスクが高まっています。
  
そうした、言わばwithコロナ時代の介護環境の問題点に、新たなサービスの提供が開始されました。介護ソフトとテキストで会話するイメージのチャット機能を用いたサービスです。

Withコロナ時代の介護環境へ、家族といつでも面会OKに

  
提供するのは札幌に本社がある日本KAIGOソフト(https://www.japan-kaigosoft.com/)。経済産業省の支援(新連携事業)を受けてAIを使った介護記録ソフト「CareViewer(ケアビューワー)」の開発に取り組む同社、介護事業所内スタッフ向け機能として、介護記録ソフトでは初となるビジネスチャットツール「Chatwork」のチャットルームへの即時共有機能が備わっています。
  
「ChatWork」はChatWork株式会社が開発・提供するビジネスチャットツールで、メール、電話、会議・訪問など仕事で必要なコミュニケーションが効率的に行えるツールですが、今回、日本KAIGOソフトでは、このチャット共有機能を家族向けに共有できるように強化し、さらに写真共有機能を追加しました。文字だけでは伝えきれない入居者のリアルな様子をスマホですぐに共有できるというわけです。
‎さらにChatWorkのビデオ/音声通話機能を活かして、遠隔地からでも映像を介してこれまで通りに会話も楽しめます。
  
介護スタッフ、ご家族、ケアマネジャー、医療関係者をチャットルームに加え、関係者全員の情報共有がスムーズに行えるようになる環境が得られる新サービス。提供する日本KAIGOソフトでは、テレワーク・リモートワークを推進する企業支援を目的に、Chatworkの「ビジネスプラン」または「エンタープライズプラン」を1ヵ月間無償で提供するとしています。