サンスターから病院・介護施設向けUV-C&光触媒搭載の除菌脱臭機 

サンスターから病院・介護施設向けUV-C&光触媒搭載の除菌脱臭機  News
Electrical adjustable patient beds in hospital room
スポンサーリンク

病院・介護施設向けに、室内の脱臭‌、除菌、ウイルス抑制が行えるUV-C&光触媒搭載の除菌脱臭機がサンスターグループから提供されます。病室間の移動が容易なキャスタースタンド型で、室内空気環境・空間デザインソリューションのバージョンアップされた2号機となるものです。

スポンサーリンク

病院・介護施設ニーズから使い勝手を向上した2号機

10月30日から提供開始の除菌脱臭機「QAIS -air- 02(クワイスエアーゼロツー)」は、「カラダがよろこぶ空気。」をつくる室内空気環境・空間デザインソリューションとして、主に病院・介護施設・在宅医療向けに2019年9月に発売を開始した「QAIS –air- 01(クワイスエアーゼロワン)」の2号機にあたるもの。

据置・壁面設置型の1号機に対し、病院内、介護施設内を必要に応じて移動させながら使いたいという医療介護現場の声に応え、キャスター構造の脚部を設けた縦置きスタンド型デザインとなっています。

高い脱臭効果、除菌・ウイルス抑制性能は、深紫外線(UV-C)光源と独自技術である光触媒担持チタンメッシュTMiP(Titanium Mesh impregnated Photocatalyst)を組み合わせることで発揮されます。

そうした機能性が大きな特徴となる「QAIS -air-」は、集塵フィルターなどの交換が不要でメンテナンスの手間が少ないことから、学校、保育園、住宅、オフィス、ホテル、商業施設、病院などの室内空間の除菌脱臭用途に採用されているといいます。

特に最近では、光触媒の効果とUV-Cそのものによる除菌・ウイルス除去効果の複合的な効果にも注目が集まり、病院・クリニック、歯科医院、エステティックサロンなどでの採用が増えたほか、鉄道車両などにも採用が広がってきているということです。

サンスターから病院・介護施設向けUV-C&光触媒搭載の除菌脱臭機 

サンスターから病院・介護施設向けUV-C&光触媒搭載の除菌脱臭機 

Electrical adjustable patient beds in hospital room

将来的にはIT技術による“スマート化”も想定

「除菌脱臭には、集塵フィルターを用いる空気清浄機が普及していますが、フィルター交換に手間がかかり、メンテナンスを怠った場合、臭いや菌、ウイルスの再放散も懸念されます。
また、据え置き型の空気清浄機は、施設内、室内で場所を移動させて使うことには向いていません。
今回発売するQAIS -air- 02はUV-C&光触媒方式採用によりフィルター交換が不要で、脚部にキャスターを採用し、施設内への移動が容易とすることで医療・介護現場のニーズに対応しました。」
とサンスターではコメントしています。

また、将来の機能拡張を想定して電源供給用USBポートを設け、患者や入居者の健康状態センシングや、スマートスピーカーを用いたコミュニケーションなど、『顧客の困りごとに対するソリューション』や『楽しさ』を提供するデバイスとして、新たな価値提供が可能にできるよう展開していくとしています。

QAIS –air–02の主な特長/仕様

・特徴
①除菌効果のあるUV-C光源と光触媒の組み合わせで脱臭・除菌・ウイルス抑制技術を搭載
②キャスター構造で病室・居室間や室内の移動が容易
③スタンドポール上部より効率的に吸気
④電源供給用USBポートを装備、将来の機能拡張に対応
⑤本体にアルミ素材を採用、装置への臭い物質の付着を抑制し、高級感、審美性にも配慮

・仕様
製品重量:9kg、方式:UV-C(深紫外線:波長254nm)+光触媒、入力:AC100V 22W 50/60Hz、USB電源:DC5V 1A (コネクタ形状:USB-TypeA)、脱臭適用床面積(目安):~48m2(30畳)、運転音:38dB、外形寸法:W510mm×D510mm×H1,500mm(キャスター含む)、電源コードの長さ:3.5m 、付属品:取扱説明書

 

▼QAIS製品紹介サイト
https://www.sunstarqais.com/