要介護予防へ、AIと電力データによるフレイル検知の実証実験が進む

要介護予防へ、AIと電力データによるフレイル検知の実証実験が進む News
CREATOR: gd-jpeg v1.0 (using IJG JPEG v62), quality = 100
スポンサーリンク

本実験は「東京大学と三重県との連携・協力に関する協定」(※)のもと、ネコリコ(東京都千代田区)、日本データサイエンス研究所(東京都文京区)、東京大学大学院情報学環 越塚登研究室が共同で行う、AIと電力データを用いたフレイル検知に関する実証実験で、参画する三重県、東員町で2020年中の実施に向けて進めていくものです。
治療や予防措置で要介護状態への進行を防止できる可能性があり、注目が集まります。
  
実験に参画するのは以下となっています。
東大・三重連携 介護予防に向けたAI・データ活用研究会、東京大学地域未来社会連携研究機構、東京大学高齢社会総合研究機構、三重大学、三重県、東員町

 

検知する“フレイル”とは、健康な状態と要介護状態の中間に位置し、身体的機能や認知機能の低下が見られる状態を指すもの。適切な治療や予防を行うことで要介護状態に進まずにすむ可能性があることから、フレイルの早期発見、早期対応が重要なものとなっています。(参考:厚生労働省)
  
早期のフレイル発見・対応のために自治体をはじめ様々な努力がなされている一方、独居の高齢者が拡大するなかで、すべての高齢者に対しフレイル発見を行うことは困難とされ課題となっていました。
  

スポンサーリンク

電力や各種データをAIで分析しフレイルの簡易判定を実現

今回の実験で用いるAIと電力データによる検証は、ネコリコ、日本データサイエンス研究所、東京大学大学院情報学環 越塚登研究室の3者がかねてより共同研究を進めていたもの。
スマートメーターから取得可能な電力データや各種センサデータとAI(人工知能)を活用し、家庭の見守り等に資する技術、特に単身高齢世帯に対し、AIが電力データなどの各種データから、フレイルの簡易判定を行う技術検討を進めています。

本技術の共同実証を通じて、漏れのないフレイル早期発見を実現し、地域が抱える介護予防の課題解決の支援に向けて、本技術の社会実装を目指して取り組むとしています。

  
  
三重県東員町における実証実験について
  
本実験では、将来の地域におけるフレイル発見の課題解決に資するよう、住民の方々へのご説明、および実験参加者の募集を通じて、約30世帯の単身ご高齢者世帯にご協力を募ります。
実験中、各ご家庭にスマートメーターとの通信用ゲートウェイ機器と市販のセンサ(モーション、CO2等)が設置され、データを収集します。実験期間は令和2年度の1年間を予定しています。なお、本実験は、個人情報保護法に則った実験参加合意書への同意に基づいて行われ、また、実験参加者の希望により、いつでも各世帯でのデータ収集を中止することができます。
  

(※)東京大学と三重県との連携・協力に向けた協定について   
東京大学と三重県は、2019年7月より、「東京大学と三重県との連携・協力に向けた協定締結の合意」(以下、東大・三重県連携協定)の下、東京大学地域未来社会連携研究機構のサテライト拠点を三重県内に設置し、地域の課題対応のための学術研究の推進、人材交流・育成、学術成果の社会実装に取り組んでいます。今回の実証実験も、東大・三重県連携協定に基づいた取り組みとなり、実証実験を東員町で実施することで、得られた知見を地域課題解決につなげていきます。