【ケアIT連動企画】
介護・福祉施設へサービスを提供する企業のための
事例動画・ツール制作サービス

介護・福祉施設へサービスを提供する企業のための事例動画・ツール制作サービス

 

LINEボットと10秒会話の健康管理で介護士のコロナ対策を可能に

LINEボットと10秒会話の健康管理で介護士のコロナ対策を可能に 製品・サービス

都心を中心に高齢者デイサービス、放課後等デイサービスを展開するCLOVER(東京都新宿区)が、LINE公式アカウントによるチャットボットを活用した対新型コロナウイルス健康管理サービス「あまびこ(AMAVICO)」の本格運用を開始しました。10秒の会話で毎日の健康管理レポートをデジタル化することで、介護士の負担軽減と新型コロナウイルスの感染対策を両立するものとしています。

LINEボットと10秒会話の健康管理で介護士のコロナ対策を可能に

 

「あまびこ」は、LINEアプリを活用して従業員の出勤前の健康管理情報をチャットボットとの10秒の会話で実現する、新型コロナウイルス対策に特化したサービスです。

チャットボット / chatbot
「チャットボット(chatbot)」とは、会話の「チャット」と処理を自動化するプログラムの「ボット」を組み合わせた言葉で、人工知能を活用した「自動会話プログラム」のこと。

 

要介護高齢者は、いうまでもなく新型コロナウイルスの重症化リスクが高いため、介護士などのエッセンシャルワーカーがウイルスを持ち込まないこと、万が一持ち込んでも広げないための消毒や換気など最善の努力を尽くしています。

そのひとつとして出勤前に体温チェック、体調を報告し事業所で記録するといった作業を続けていますが、負担が大きく、経過とともにルーズになってしまうことも散見されたといいます。

1ヵ月の試験導入では、介護士の出勤前の体温・健康チェックの工数削減、報告漏れの激減という成果が表れており、9月11日に開催されたアジア太平洋ヘルスサポート学会にて学会発表を行い、学校法人産業医科大学での大規模試験導入が予定されているということです。

LINEボットと10秒会話の健康管理で介護士のコロナ対策を可能に

スポンサーリンク

デジタルツールの特性を活かし、操作も管理も容易に

そうした試験運用を経て本格運用が開始された「あまびこ」は、多くの人が持つスマートフォンにインストールされているLINEアプリを使い、出勤前に10秒のチャットボットとの会話にボタンで答えるだけ。LINEのプッシュ通知で報告を促されることで未報告の激減につながるなど、デジタルツールとしての特性が活かされています。

LINE公式アカウントの使用で個人のプライバシーが守られることで安心して使用でき、法人の管理者のもとには毎日のレポートがメールとGoogleスプレッドシートで届くことで管理が容易になります。

LINEボットと10秒会話の健康管理で介護士のコロナ対策を可能に

感染症から守る願いを込めたネーミング

発表コメントによると、「あまびこ(AMAVICO)」というネーミングは、ウイルス感染症から守るという願いが込められているそうです。

「「あまびこ」は、本サービスを使って頂いた皆様が、新型コロナウイルスを含めた感染症から守られますようにとの願いを込めて、「あまびこ(天彦)」という、アマビエ同様に自身の姿を書き写すと疫病から身を守ってくれる不思議な力を持っている妖怪から名付けられました。
コロナ禍の収束に向けて今後多くの介護現場・医療現場・企業・学校などでの導入に向けた提供体制が用意される予定です。」

職員の健康管理・感染防止対策業務のデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現し、ウイルスを福祉現場に持ち込むことを未然に防ぐ体制構築を目指すということです。

タイトルとURLをコピーしました