特定技能の人材紹介・チョモランマ、介護分野における提携締結を語る

News
スポンサーリンク

特定技能の登録支援業務および外国人材の紹介をおこなう株式会社チョモランマ(本社:札幌市)が、介護業界において研修・人材紹介・人材派遣など幅広く事業を展開する株式会社エンビト(本社:札幌市)と特定技能「介護」に関して業務提携を締結したことを発表しました。
背景には、この先、確実に訪れる介護業界での人材不足、重要性が増す外国人雇用の課題解消があります。ここでは、チョモランマ社の発表内容を取り上げます。
  

スポンサーリンク

チョモランマ社が語る業務提携の背景と目的

2019年4月1日より在留資格「特定技能」が新設され、人手不足が深刻な14業種において一定の専門性・技能を有し即戦力となる外国人材の受け入れが可能となりました。指定14業種の合計受け入れ見込みは5年間で34万5,150人、そのうち介護業に関しては6万人を見込んでいます。
  
介護業は今後5年で30万人程度の人材不足が見込まれており(※1)、特定技能による外国人雇用が介護業を支える存在になることは間違いありません。しかし、実際、特定技能介護の在留人数は2019年12月末現在で19人(全14業種では合計1,621人)(※2)と想定の進捗に大きな乖離があります。
また新型コロナウイルスにより外国人雇用に切り出す企業が減少することも予想されており課題は山積みです。
  
今回の業務提携により、エンビトの持つ介護業界での太いパイプ・研修実績やノウハウといった強みと、チョモランマが持つ登録支援機関としての実績・海外送り出し機関との密なコネクションを掛け合わせ、より多くの介護事業所に特定技能の認知、および導入を促進できると考えています。
  

チョモランマ×エンビト今後の展開

現在(2020年4月時点)は北海道を中心に営業活動をおこない、すでに10事業所以上70名以上の採用ご依頼をいただいております。なかにはすでに現地面接にご参加いただき、インドネシア人候補者の内定を出している企業もございます。北海道での活動はもちろんのこと、本年度内、首都圏への進出も視野に入れており、この業務提携によってスピード感のある展開ができると予想しております。

*1 法務省「介護分野における特定技能の在留資格に係る制度の運用に関する方針」
https://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/311861.pdf
*2 法務省「特定技能在留外国人数の公表(2019年12月末)」
http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri07_00215.html

チョモランマ・横山三四郎氏(左)とエンビト・照沼司氏

・株式会社エンビトについて
名称:株式会社エンビト(英語表記:ENBITO Co.,Ltd)
https://www.enbito.com/
代表者:代表取締役 照沼 司
所在地:北海道札幌市北区北18条西7丁目20-214 自由人舎時館2F
事業内容:教育研修事業、人材紹介事業、人材派遣事業

・株式会社チョモランマについて
名称:株式会社チョモランマ(英語表記:Chomolungma Inc.)
https://chomolungma.co.jp/ja/
https://lp.chomolungma.co.jp/
https://www.facebook.com/recruitingchom/?ref=br_rs
代表者:代表取締役 横山 三四郎
所在地:北海道札幌市中央区北1条西28丁目1-10-302
事業内容:人材紹介事業、訪日旅行事業、アウトドア事業