調査

ステイホームの健康意識-シニア&働き世代の2人に1人「認知機能」に不安

ミツバチ産品を健康に役立てる「アピセラピー(ミツバチ療法)」を追求する山田養蜂場(岡山県苫田郡)が30歳以上の男女を対象に「ステイホームの健康意識調査」を実施、「物忘れ・認知機能の低下」が健康不安の1位となるなど健康に対する現状の意識が見て取れました。
製品・サービス

150施設導入の見守りシステムがコールシステム機能を追加

エコナビスタ(東京都千代田区)は、提供中の睡眠解析技術をベースにしたクラウド型高齢者見守りシステム「ライフリズムナビ(R)+Dr.」にコール機能を追加、緊急通報に対応した居室他でご利用者と通話を可能にするサービスとして提供を開始しました。
ICT・テクノロジー

複数の異種ロボットを一元制御するツール、凸版印刷が開発

凸版印刷が、Virtual Reality(VR)技術とComputer Vision(CV)技術を活用し、複数の異なる種類のサービスロボットを一元管理・制御するデジタルツイン・ソリューション「TransBots™」を開発、介護分野においても新たなロボット活用の可能性が大きく広がりそうです。
介護・福祉

コロナ禍での外出自粛、要介護者が急増!?

シニアの健康維持や介護予防としての重大要素が『食事』『運動』『社会参画』。コロナ禍で外出自粛など行動が制限されるなか、運動習慣の乱れや認知症、うつ病の発症の増加など健康シニアがフレイル(虚弱)に進行することが懸念されています。
調査

ケアマネ8割「心拍に異常があれば必ず受診勧奨」も症状リスク理解は不十分

ケアマネジャー対象のWebサイトやリハビリ型デイサービス展開など健康寿命の延伸に貢献するインターネットインフィニティー(東京都品川区)は、ケアマネジャーに向け心房細動と脳梗塞の再発予防に関するアンケートを実施、結果を公開しました。
製品・サービス

AI+NAOによる介護向けロボットサービスが登場

コミュニケーションロボットサービスを展開する三菱総研DCSが、自社開発AIとソフトバンクロボティクスの二足歩行ロボット「NAO」と連携した介護向けサービス「Link&Robo for ウェルネス」を開始します。介護職員の業務を助ける活用も期待されています。
調査

介護業界の人材不足、未経験者の採用には慎重

介護施設向けに医療相談を提供するドクターメイト(東京都港区)は、主催のオンラインセミナーに参加した介護事業所職員を対象に人材確保に関するアンケート調査を実施。未経験者の採用には慎重な姿勢である現状が見て取れました。
ICT・テクノロジー

浴室内事故は電波でストップ!高精度見守りシステム販売へ

これまで対策に頭を悩ませていた浴室内の事故を防止する見守りシステムが開発されました。電子部品メーカーのSMKが2022年春からの量産開始を目指します。システムの特長を紹介します。
製品・サービス

高齢者のQOL向上を音楽で-フェイスが音楽療法アプリを無料提供

超高齢社会において重視されることが、より良く生きる、充実した生活を送るという意味の「生活の質=QOL(Quality Of Life)」の向上です。介護医療分野においてもさまざまな研究がなされているテーマですが、医療機関と共同で開発した音楽療法による回想法サービスを提供するフェイスが無料提供を開始しました。
調査

VR、シニア世代も半数が認知。体験者は1割に迫る

介護や医療分野での活用例も見られ始めつつあるVR(バーチャルリアリティ)技術。ITツール比較サイトのSTRATE(ストラテ)が10代の若年層と60代のシニア層を対象にVRコンテンツの認知、利用についてのアンケートを実施、60代では半数が「知っている」と回答するなど認知の高さが伺えました。
製品・サービス

リハビリに適した足こぎ車椅子「COGY」、サイクル店が販売へ

東北大発ベンチャーが開発した世界初となる足こぎタイプの車椅子「COGY」。2010年4月の販売以来、足腰が不自由な人の移動用やリハビリ用に活かされるなど評判を呼んでいます。自転車販売事業を展開するシナネンサイクルが販売総代理店契約を結び、地域密着型の介護支援向け動き始めました。
製品・サービス

座ったままトイレで用が足せる、シャワーもできる高機能な車椅子

足腰の弱った人や高齢者に嬉しい車椅子が、国内で販売されます。座ったままトイレで用が足せ、バスルームではシャワーも可能、自走式と介助式の変更ができる利用価値の高さが大きな特徴となっています。
ICT・テクノロジー

ヘルスケアの課題解決へ、八神製作所がアクセラレータープログラム開始

医療機器専門商社の八神製作所が、予防・医療・介護分野での新規事業の創出を目的に、スタートアップ企業とともに事業化を目指すアクセラレータープログラム『YAGAMI Human Care Pitch 2021』を開始。2019年に続き2回目の開催で、企業選定後、2022年1月以降の実証実験が予定されています。
製品・サービス

「よしもとお笑い介護レク~オンライン~」のサービス提供開始へ

地域の介護施設が取り組む被介護者への認知症予防や健康維持等ADL、QOLの向上を目的とした介護レクリエーションの支援に、よしもと芸人参加による笑いあるサービスコンテンツ「よしもとお笑い介護レク~オンライン~」が9月に提供開始されます。ニューノーマルに対応した介護レクリエーションとして期待されます。
介護・福祉

見守りサービス付き賃貸物件による高齢者サポート

独自のライフサポート付賃貸物件を提供する住宅工営(東京都八王子市)が、高齢者でもかんたんに操作できるICT機器「L1m-net(エルワン ネット)」導入し、不動産管理や医療、介護分野に向けた新たな高齢者支援サービスの提供を開始します。緊急時には駆けつける見守りサポート付きで、人にやさしい街づくりを推進していくものです。
タイトルとURLをコピーしました