Report

調査

老後のこと親と話し合えている? ― 不動産投資会社が調査

みなとアセットマネジメント株式会社(東京都港区)が、全国の40代~60代男女を対象に「親の老後の準備」に関する調査を実施、結果を公表しました。
調査

女性の「性差医療」意識調査、「配慮した医療・ヘルスケア」8割が必要と回答

このほど女性ヘルスケア業界におけるジェンダード・イノベーションの推進を目的に、起業支援を行うウーマンズがネオマーケティングと共同で性差医療や女性ヘルスケアに関する意識調査を実施。多くの人が配慮した医療や商品の必要性を感じていることがわかりました。
介護・福祉

マッスルスーツで自立した介護リハビリを-大学ベンチャーと介護事業者が共同実証

コロナ禍において介護施設では、行動制限からのADL(日常生活動作)低下が大きな課題となっています。将来的には理学・作業療法士のリソース不足も懸念され、リハビリテーションの自動化・仕組化が重要に。その対策にマッスルスーツを活用した共同実証が進んでいます。
調査

予防医療の重要性を9割超が認識-介護経験者が回答

過去に“要介護1~5”の親族などを介護した経験のある男女を対象に「介護経験を踏まえた予防医療の重要性」に関する調査をスマートスキャンが実施。「人間ドッグの受診」「適度な運動」などに要介護者となるリスク軽減対策として認識していることがわかりました。
ICT・テクノロジー

見守り介護への応用に期待大、海外で高評価のAI機能

2022年1月5日(水)から米ラスベガスで開催された世界最大規模のテクノロジー見本市「CES」。今回大阪のテック企業が独自開発したエッジAIプロセッサを活用したデモンストレーションを披露し好評を得ました。介護分野への応用も期待される同社の技術を取り上げます。
調査

在宅でのフレイル予防につながる事例も―旭化成ホームズが入居者の実態調査を報告

旭化成ホームズシニアライフ研究所が、提供するシニア向け賃貸住宅「ヘーベルVillage」で自立生活を送る後期高齢者を対象に健康度と暮らしに関する調査を実施、結果の公表と合わせ、ニューノーマルの時代に在宅でもできる健康寿命延伸への取り組みについて報告しました。
調査

深刻化するヤングケアラー問題、8割超が「やりたいことに制限」

福祉のトータルサポートを提供するアニスピホールディングス(東京都千代田区)が、障がいを持つ家族を介護する15歳~29歳の男女105名に対し「ヤングケアラー問題の実態調査」を実施、結果を公開しました。
調査

ステイホームの健康意識-シニア&働き世代の2人に1人「認知機能」に不安

ミツバチ産品を健康に役立てる「アピセラピー(ミツバチ療法)」を追求する山田養蜂場(岡山県苫田郡)が30歳以上の男女を対象に「ステイホームの健康意識調査」を実施、「物忘れ・認知機能の低下」が健康不安の1位となるなど健康に対する現状の意識が見て取れました。
介護・福祉

コロナ禍での外出自粛、要介護者が急増!?

シニアの健康維持や介護予防としての重大要素が『食事』『運動』『社会参画』。コロナ禍で外出自粛など行動が制限されるなか、運動習慣の乱れや認知症、うつ病の発症の増加など健康シニアがフレイル(虚弱)に進行することが懸念されています。
調査

ケアマネ8割「心拍に異常があれば必ず受診勧奨」も症状リスク理解は不十分

ケアマネジャー対象のWebサイトやリハビリ型デイサービス展開など健康寿命の延伸に貢献するインターネットインフィニティー(東京都品川区)は、ケアマネジャーに向け心房細動と脳梗塞の再発予防に関するアンケートを実施、結果を公開しました。
調査

介護業界の人材不足、未経験者の採用には慎重

介護施設向けに医療相談を提供するドクターメイト(東京都港区)は、主催のオンラインセミナーに参加した介護事業所職員を対象に人材確保に関するアンケート調査を実施。未経験者の採用には慎重な姿勢である現状が見て取れました。
調査

VR、シニア世代も半数が認知。体験者は1割に迫る

介護や医療分野での活用例も見られ始めつつあるVR(バーチャルリアリティ)技術。ITツール比較サイトのSTRATE(ストラテ)が10代の若年層と60代のシニア層を対象にVRコンテンツの認知、利用についてのアンケートを実施、60代では半数が「知っている」と回答するなど認知の高さが伺えました。
調査

介護従事者75%「コロナ禍で介護の心的負担が増えた」

体に負担のかかる作業をアシストするスーツ「Every」を開発・販売するイノフィス(東京都新宿区)が、コロナ禍における介護従事者の働く環境調査を実施、その調査結果を公開しました。昨年から続く新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、介護従事者の働き方はどう変化したのでしょうか?その一端を取り上げます。
調査

7月11日UDFの日に向けキューピーが「介護にまつわる意識調査」

7月11日に制定したUDF(ユニバーサルデザインフード)の日にちなみ、キューピーが「食べやすさに配慮した食事」を準備する人(介護の担い手)を対象に実施するアンケート調査。今回は「コロナ禍の変化」を中心に調査を行い、昨年11月に公表した4回目の調査結果と照らし合わせた分析結果を発表、詳細を取り上げます。
調査

介護事業所のDXの実態-約半数がDXに取り組み中

医療・福祉分野の人材紹介・派遣サービス大手トライトグループ(本社:大阪府大阪市)が、介護従事者を対象に「介護事業所におけるDX実態調査」を実施しました。その結果、半数がコロナ下でDXに取り組んでいる、ケアサポート面でのロボット活用は1割未満、DX化への障壁は知識不足、などの実態が浮かび上がりました。
タイトルとURLをコピーしました