ヘルスケアIoTサービス「コネテク」が介護利用の高い非接触体温計「TM-101B」に対応

ヘルスケアIoTサービス「コネテク」が介護利用の高い非接触体温計「TM-101B」に対応 News
スポンサーリンク

介護施設や訪問介護などで利用頻度の高い非接触体温計「TM-101B」(TRアンドK社製)にヘルスケアに特化したデータ収集・管理のIoTサービスである「コネテク」が対応、要介護者のバイタルデータのより効率的な活用が可能になります。

スポンサーリンク

コロナ感染リスクを低減した環境でバイタルデータ管理を効率化

ヘルスケアIoTサービス「コネテク for ヘルスケア」は、通信やIoTを実現するための遠隔管理・制御のコアテクノロジーに強みを持つインヴェンティット(東京都千代田区)が提供するプラットフォーム。2019年2月から提供を開始し、体温計、活動量計、血圧計といったヘルスケア機器に対応しています。

これら人の身近にあるモノからデータを収集し、管理・分析、活用までの一連のプロセスが行えるIoTサービスです。

非接触体温計「TM-101B」への対応で、すでに対応済の血圧計、パルスオキシメータなどと合わせ、「コネテク」でさらなるバイタルデータの活用が、新型コロナウイルス(COVID-19)による体温計を介した感染のリスクを低減した環境で行えます。
被験者のバイタル測定値が時系列で一元管理できるようになり、医師、看護師の測定における負担を軽減するとともにバイタル値の推移・把握が容易になるとしています。

ヘルスケアIoTサービス「コネテク」が介護利用の高い非接触体温計「TM-101B」に対応

「TM-101B」体温の測定からデータ送信完了まで「約1秒」

「TM-101B」はオムロンヘルスケア(京都府向日市)が販売するTRアンドK社製の非接触体温計。新型コロナウイルス感染症のリスクを低減する非接触であることから注目も高まっていますが、被験者の額に近づけ(0.5~3cm)ピッとわずか1秒で測定、医療機器として認定されている正確な測定精度、37.5℃以上ならお知らせするなど充実した機能が備わっています。
加えてオムロンヘルスケアでは、体温・体調管理に適したヘルスケアアプリ「みんなの体調ノート」とのBluetooth通信によるデータ連携で、検温結果の自動リスト化をサポートしています。

ヘルスケアIoTサービス「コネテク」が介護利用の高い非接触体温計「TM-101B」に対応

非接触体温計「TM-101B」の特徴
脇下型体温計と比べ、検温、消毒作業時間が短縮、測定業務と記録業務の効率が向上します。
●使い方が簡単で、測定者に触れることなく約1秒のスピード検温。
●Bluetooth通信対応なので測定データの送信が可能
●距離センサーが働き最適距離で測定完了
●37.5度以上ある場合、アンスマイリーマークが画面に表示されます
●オートオフ機能で節電(約30秒無操作の場合)
●体温の他、物体測定モードで食品や哺乳瓶などの温度測定も可能

▼コネテク for ヘルスケア
https://www.yourinventit.com/iot/healthcare/