ICT・テクノロジー

ICT・テクノロジー

オンライン介護実現を目指す「リハブオンライン プロジェクト」が6月に実証実験

介護業界にとって大きなテーマとなるオンライン介護の実現を目指すプロジェクトが始動、デイサービス事業者での実証実験が6月に開始されることになりました。 運営するのは東京・品川区のRehab for JAPAN。デイサービス向けクラウド機能訓練ソフト「リハプラン」を展開する会社による、介護とITをつなぐ新たなチャレンジです。
ICT・テクノロジー

IoT電球を活用した見守りサービスの実証実験をヤマト運輸が開始

独居高齢者の安心・快適な生活のサポートへ、見守り可能なIoT電球を使った見守りサービスの実証実験が、多摩市在住の独居高齢者を対象に開始されました。子の実証実験はヤマト運輸とハローライトが共同で行うもので、ヤマト運輸が地域の課題解決に取り組む「ネコサポ」の新たな住民サービスとしても期待が持たれます。
ICT・テクノロジー

Withコロナ時代の介護環境へ、家族といつでも面会OKに

新型コロナウイルス感染拡大で介護業界に新たな問題となっているのが、介護施設に入居している利用者と家族との面会。特に家族からは入居者の状況がわからないと不安の声が相次いでいます。その問題の解決策となりそうなサービスが提供されることになりました。
ICT・テクノロジー

声で文字入力できるアプリ「AmiVoice」が介護ソフトに標準搭載

介護・福祉施設等の人材不足が問題視されるなか、事務作業等の効率化は急務の課題。なかでも業務負荷が大きいとされる書類作成業務はIT化が進めやすい領域であり、音声認識をはじめAIや、業務プロセスをルールに合わせて自動処理するRPA(ロボティクス・プロセス・オートメーション)などツールの活用が注目されています。
ICT・テクノロジー

BYOD禁止にIT企業がコラボ、セキュアな端末をレンタル提供

医療介護連携SNSとして約10万人が利用する「メディカルケアステーション(MCS)」。ニーズはますます高まりながら、業務上の端末利用に関する厚生労働省のガイドラインにおいて法人契約によるセキュアな端末が求められることがネックとなるなか、よりセキュアに安心してお使いいただくことのできるタブレット端末がリリースされました。
ICT・テクノロジー

Society 5.0のヘルスケアへ、市販アプリの栄養素データを医療機関と共有

政府が提唱する「Society 5.0」の実現にはITの技術革新が不可欠ですが、課題は情報基盤。次世代のヘルスケアを実現するための基盤として、個人のライフコース全般にわたり、健康データ、活動データ、医療・介護データ等を本人の同意を前提に収集し、活用することが求められています。その一つのきっかけになるニュースが健康を測るアプリを運営するシルタスから発表されました。
ICT・テクノロジー

IoTの活用でケアの質向上を確認-パナソニックと宮崎で実証実験

パナソニックは、ICT・IoT・AI等のデジタル技術を用いて「デジタル・ケアマネジメント」を構築し、宮崎県都城市の協力下で効果検証を実施した結果、ケアマネジメントの質が向上する可能性が示されました。
ICT・テクノロジー

リアルタイムの管理に効果。IoT見守りセンサーで実証実験

IoT見守りセンサー「LASHIC(ラシク)」を企画・開発・販売するインフィックが、NTT東日本の協力で独居高齢者宅にLASHICを設置し実証実験を開始しました。
ICT・テクノロジー

自動運転車いすの介護施設への実装に高齢者住宅と協業

筑波大学准教授としても活躍する落合陽一氏が代表のピクシーダストテクノロジーズが進める自動運転車いすの開発が、介護現場の課題解決に向け前進です。 サービス付き高齢者向け住宅を運営するシルバーウッド社と共同事業に取り組むことを発表しました。介護福祉現場のよりリアルな課題解決につながるプロダクトの開発を行います。
ICT・テクノロジー

<Yuiコール×ケア樹>評判ツールがデータ連携、要介護者のケアに進化

介護福祉事業者に評判の2つのツールがデータ連携します。 関連システムを一体化した“第三のナースコール”「Yuiコール」と、介護サービス事業所の日常的な運営管理に必要な機能を備えたクラウド型介護ソフト「ケア樹」。両ツールのデータ連携で、要介護者の全体を見えて適切なケアが可能になるということです。
ICT・テクノロジー

1万台突破の耳につけない会話支援機器、要望に応えレンタル開始

“聴こえ”のユニバーサル化社会を目指すユニバーサル・サウンドデザイン(東京都港区)が開発・販売する耳につけずに対話を支援する卓上型の会話支援機器「comuoon®(コミューン)」が人気です。販売台数1万台を突破したことに加え、個人からの要望に応え新たにレンタルサービスを開始しました。
ICT・テクノロジー

経産省が高評価、アイデアに富んだ介護ワークシェアリング

介護分野の人材不足を解消する新たなサービスに期待が高まっています。 カイテク(東京都港区)が展開する介護ワークシェアリングサービス「カイスケ」で、2020年1月に実施された経済産業省主催の「ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト2020」でアイデア部門のグランプリを獲得したことでさらに注目が集まります。
ICT・テクノロジー

要介護予防へ、AIと電力データによるフレイル検知の実証実験が進む

ネコリコ、日本データサイエンス研究所、東京大学大学院情報学環 越塚登研究室が共同で行う、AIと電力データを用いたフレイル検知に関する実証実験。三重県、東員町で2020年中の実施に向けて進めていくもの。治療や予防措置で要介護状態への進行を防止できる可能性があり、注目が集まります。
タイトルとURLをコピーしました