News

News

アーム付配膳ロボットが本格始動へ前進

介護施設等で配膳・下膳を全自動・非対面で行い、オペレーション改善および売上・利益貢献を目指して、スマイルロボティクス(東京都文京区)が開発を続けるロボットがレストランで試験運用を実施。本格的な実用化に向け大きく前進しました。その様子を紹介します。
News

介護レク用自立支援ツールがバージョンアップ、職員負担も軽減

モーションセンサーを利用したゲーム性ある豊富なコンテンツで介護レクリエーションやリハビリテーションを支援する非装着・非接触型の自立支援ツール「TANO」(TANOTECH開発)に、機能強化された2021年度版が6月リリースされます。強化ポイントを中心に、活用メリットを紹介します。
News

AIが分析、トレーニングロボットによる歩行支援サービス開始

身体機能の低下や転倒の経験などから歩くことに不安を感じ始めた高齢者に対し、安全で効果的な歩行運動を支援する歩行トレーニングロボットをパナソニックが提供を開始。AIが歩行を分析し一人ひとりに合わせた歩行運動を提供するという、最新のテクノロジーが駆使された新たな歩行支援サービスのメリットを取り上げます。
News

救命・健康サポートアプリ「MySOS」の安心な社会モデル構想

医療・福祉分野のモバイルICTソリューションを提供するアルムが、開発した救命・健康サポートアプリ「MySOS」を活用した社会事業モデル発表。遠隔での健康管理・モニタリング、災害時の安否確認や高齢者の見守り、各種カウンセリングサービスなどに活用し、より安心して暮らせる社会を構築することを目指すとしています。
News

高齢者の自立・介護度改善へ「自立支援」委員会2021が活動開始

「自立支援」委員会は、高齢者のQOL(暮らしの質)の向上を目的に、有料老人ホームや高齢者住宅の運営など手掛けるタムラプランニング&オペレーティング(東京都千代田区)が、高齢者・介護業界に関連した企業と連携して設立したもの。4月から活動開始した委員会の概要を紹介します。
News

無人・非接触・自動で口腔トレーニングするAIロボット

高齢者がひとりでも自宅で口腔機能トレーニングができるようになるAIロボット「ZUKKU for オーラルケア」が開発されました。口腔機能トレーニングの状況によって対話内容が変化するロボットとしては世界初。このほど健康行動の習慣化が期待できる製品として「福岡ヘルス・ラボ」の第4期社会実験に採択されました。
News

介護現場を効率化するベッドセンサーシステム®強化へ

ベッドセンサーシステムの共同開発を続けるミネベアミツミとリコーがラインナップの拡充を発表、特にニーズの高かった参考体重測定、離床アラームに機能を絞ったモデル「ベッドセンサーシステム ベーシック」をミネベアミツミから発売となります。
News

自治体向け地域包括ケアシステムICTソリューション

行政データ×ICTによる地域共生社会の実現に、日立ソリューションズ西日本が中国・九州エリアにおいて日立地域包括ケアシステムICTソリューション「情報共有システム」の販売を開始いたしました。地域全体によるサポートを実現し、地域包括ケアシステムの活性化、高齢者支援の質向上を目指します。
News

聖隷福祉が運営する老人ホームでDX推進

全国1都8県162拠点で医療・保健・介護・保育・障がい者施設などの事業を展開する、社会福祉法人聖隷福祉事業団(静岡県浜松市)は、入居者の快適な介護居室生活と介護職員の負担軽減に向けて、専門医が考案したクラウド型見守りシステムを導入し、新たな介護サービスの充実を図っています。
News

ケアマネジャーのプラン作成をAIで支援

AIやICTを活用した介護福祉プラットフォームサービスを提供するウェルモが、居宅介護支援事業所のケアマネジャー向けのケアプラン作成支援AI「ミルモぷらん」発売。座学研修やOJT以外に経験・知識の差をカバーする手段となること、情報収集や事務処理時間の短縮に貢献するツールとして期待されます。
News

企業の介護事業参入を支援する「aba lab」誕生

誰もが介護できる社会の実現を目指し、ケアテックカンパニーのabaが介護業界への新規参入する企業への支援チーム「aba lab」を設立します。コンサルティング、臨床試験支援など複数のかたちでサポートするもので、“介護業界の事業開発を加速させていきたい”としています。設立経緯や事業概要を紹介します。
News

日本発ヘルスケア革命をおこすAIファンド始動

この先要介護者が増え続けるなか、介護業界は人員不足に悩まされていますが、ICT・IoT・AIを用いて介護を変えることを目的とした「日本発ヘルスケア革命をおこすAIファンド」が設立されました。予定される活動概要を取り上げます。
News

神戸市が国内初の住民対象データ連携システムを構築

医療・介護・健診など住民のさまざまなデータを連携させて、国内で初となるデータの積極活用の仕組みを神戸市が構築し運用開始しました。自身の健康状態がひと目でわかり、過去からの情報把握で将来的な病気予測への期待も高まっています。そのシステム概要を紹介します。
News

「#ケアワーカーをケアしよう」プロジェクト開始

新型コロナウイルスの感染対策を徹底し、高齢者や障害者の暮らしを支えるケアワーカー自身を支援する「#ケアワーカーをケアしよう」プロジェクトが開始されました。感染拡大から約1年経ち、「介護・福祉の仕事は好きだけど、さすがに疲れてきた」という介護・福祉の現場の声に手を差しのべようとする活動です。
News

AI×音声入力による介護業務支援アプリ「CareWiz 話すと記録」

AIが言葉を読み取り記録してくれる介護記録AIアプリ「CareWiz 話すと記録」がリリースされます。この記録の自動化で、スタッフ1人あたり1日40分の時間削減が可能になるということです。開発者のエクサウィザーズ(東京都港区)のコメントを交え、特徴を紹介します。